40代女性:坐骨神経痛と膝の痛み

来院動機

歩くだけで痛みが右大腿部後面からふくらはぎまで誘発され、お仕事で介助をして重心が右に傾くだけでも辛いという。

またそれをかばいながらの生活のため、膝に負担がかかり膝にも痛みが走るようになった。

そしてお仕事中に支障をきたすため、治療院に行く決意をし当院に来院された。

身体所見と治療、経過

初回施術

根本を治さない限りは神経痛や膝痛は取れません。

姿勢写真を確認したところ、腰をかばっての前傾姿勢が目立っていたため骨盤の傾きを安定させることが第一であり、そのあとに症状に対して施術をするのが改善の近道だと考えた。

当院では、トムソンベッドというものを使い骨盤を整え、独自の矯正道具を使い症状に対してアプローチした。

その後症状は軽くなったとのことで最初の施術は終了。

 

3回目施術(初回から1週間後)

習慣の見直しや体操でご自身のケアをして頂きながら、治療を進めている。

そして治療後は冷却の徹底をし、炎症の予防に努めるよう指導させていただいた。

その後の調子は腰が起きるようになり歩きやすい感覚にはあるという。

完璧に良くなっているとはまだ言えないが、変化が出ているのは回復の兆しとなるのでここまでは順調にきていると考える。

5回目施術(初回から2週間後)

坐骨神経痛はだいぶ取れてきて、歩き方が改善してきた。

姿勢を確認したところ、骨盤の前傾が強かったのがしっかり戻ってきていたため、客観的に見て改善はされてきている。

しかし膝の痛みがまだ引いていない。初めて来院された時が痛みが10の時と痛みがなかった時が0だとしたとき、現状は5くらいは残るとのこと。

姿勢は良くなってきて腰の痛みも取れてきているが、膝が痛いのはずっとかばってきたものが膝に想像以上の負荷がかかっていたからだろうと考えた。

もう少し治すペースを早めたいとの要望があったため、鍼を提案した。

鍼をする理由は、かばっていたところの硬い筋肉と使われていない筋肉にうまくアプローチすることで変化を出すことができるからである。

10回目施術(初回から1ヶ月後)

鍼と矯正を併用して治療してきたが、もうほとんど痛みがないとのこと。

最後に写真を確認したところ筋肉にストレスがかかりにくい整った姿勢となっていた。

今後はメンテナンスで間を空けながら治療を進めていくことを共有認識した。

習慣の見直しをして完全卒業となった。

患者様のコメント

坐骨神経痛と膝の痛みで通院しました。

介護士をしていて、日々の業務から痛みが増し歩けなくなるほどでしたが、こちらで骨の矯正と鍼治療をしていただき今では痛みに耐えながら仕事をしていたのが嘘みたいです。

薬の軽減も叶いました。

笑顔で入居者に接することができて嬉しいです。

ありがとうと本当に感謝しています。

担当者のコメント

坐骨神経痛と膝の痛みと初めて来院された際は、症状が辛く表情も暗かったですがもう卒業をする前はとても笑顔で帰られました。

症状が強かった分行うメニューは多かったですが、満足されてよかったです。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事