50代女性:料理をしている際に強く痛む手首

来院動機

一か月前に痛みを感じていて、そのまま安静にすればよくなるかと考えていたが一向に良くなる気配がなかった。

そこでホームページをきっかけに来院された。

身体所見と治療、経過

初回施術

手首をひねる動きや負荷がかかることで痛みが増し、生活に支障が出る動きは重い荷物を持ったり、スマートフォンの操作、何か書く動作などがある。

また寝ている最中にもピキッと痛みを感じるとのこと。

今回の施術内容は手首の関節を安定させる運動療法と直接アプローチをする矯正を行った。

矯正は当院特殊な治療器具を使い筋の走行を整えたり、正しい手の使い方を促すよう治療を施した。

施術後手首を動かしても痛みは出ず、最後テーピングを行い終了した。

3回目施術(初回から1週間後)

痛みの程度はまだ同じくらいだが、痛みの頻度は減りつつある。

特に料理が趣味で良く使うのでまだ支障を感じる。

動く可動域は適切になっていると考え、今まで通りの内容で治療を進めるが、ローラー治療のアプローチの仕方を変え、その後の調子を確認するようにした。

そして手首に効く体操を行い今回の施術を終了した。

 

 

5回目施術(初回から2週間後)

痛みの程度はだいぶ減り、捻る動きや書く動作に支障は感じなくなった。

しかしそれはあまり負荷がかからない状態であり、重さがあるものを扱うと痛みが誘発される。

やはりフライパンなどを持つと辛いとのこと。

都度テーピングを施しているが、今回は経絡を用いて置き鍼というシールを使い施術を終えた。

 

10回目施術(初回から1ヶ月後)

症状は改善され、普段の日常生活には支障がなく重いものを持っても大丈夫とのこと。

継続して体操や冷却をご自宅で行っていただいたことが、改善に繋がったと考えている。

今後は治療頻度を減らし、メンテナンスで進めていくことになった。

患者様のコメント

腱鞘炎になってしまい、週1、2回のペースで通院しました。

丁寧に症状について聞いてくださり、腱鞘炎だけでなく全身のバランスも診て説明や治療をして頂けるので安心感があります。

最初は指が痛くて、物を持つことも苦痛でしたが、今では痛みはなく、ビンの蓋なども開けられるくらい握力も回復しました。

若い先生が多いですが、みなさん明るくて一生懸命に診てくださいます。

 

腱鞘炎について詳しくはこちら

腱鞘炎