60代男性:耳のつまり感

来院動機

突発性難聴を右耳に持っていて、当日は左耳が聞こえが悪く来院した。

普段なら聞こえるテレビの音量も全然聴き取れない状況だった。

祝日で医者が休みのため、ネットで探していたら当院に当たり来院された。

身体所見と治療、経過

初回施術

朝起きた際に耳が詰まる感覚があり、聞こえなくなるか不安になっていた。

耳に通ずる経絡とは足や腕を通るため、鍼を全身(うつ伏せ、仰向け)で行った。

治療後の変化は感じられなかった。

右耳は全く聞こえないのは放置していたからとのことで、なるべく2回目は空けないようにと説明。

2回目施術(初回から3日後)

前回治療後なんとなく聞こえる感じはするようになったとのこと。

今回は鍼後のだるさがなかった為、電気を使っての治療とした。

その後の変化は感じられなかった。

3回目施術(初回から1週間後)

前回の治療後はだいぶ良くなったとのこと。

症状が出る前と同じくらいに戻った。

テレビの音量も22のレベルで聞こえるようになった。

これからも同じように施術を行う。

5回目施術(初回から3週間後)

調子は良い。

間を空けて調子を見てもよいと判断した。

首を冷やすことで安定するのでセルフケアも行うように指導。

 

患者様のコメント

先日、朝起きたら耳のつまりを感じ耳鳴りもして聞こえが悪かったのでテレビの音量で確認した処、普段音量が22のレベルで全く聴き取れず音が割れている感じで高音域の聴力が落ちた感じでした。

祝日でしたので医者も休み、突発性難聴の予感…

以前なったので突発性難聴の場合、直ぐに対処しないと元に戻らないと知っていました。

しかし本日を含めて3連休で途方に暮れていました。

そう言えば、以前鍼が良いと聞いていたので近所の八幡山駅前鍼灸整骨院へ電話をし緊急で鍼を打って頂きました。

2回目の鍼の通院で元の状態に回復しました。

ありがとうございました。

担当者のコメント

以前右耳を放置して耳が聞こえなくなった経験からしっかり定期的に通院して頂いたことで改善が早かったと感じました。

今後はメンテナンスと症状が辛くなった時に来院することになりしっかり危機感を持っていることが良いと感じました。

不眠について詳しくはこちら

不眠

この記事に関する関連記事